• 用户名 :

    User Name

  • 密码 :

    Password

Home>Articles>PCCSP Research
Japanese

流行语:山寨

中日对照版 2015年第5期 汪莹 2016-07-08

山寨”,顾名思义,就是“大山中的村寨”。你也许会想到坐落在幽幽大山深处的一片片村庄,没错,这是“山寨”原本的意思。但今天,它最常见的意义已经与此大相径庭了。

“山寨手机”、“山寨车”……你一定经常从新闻上看到或从别人口中听到这些词语,它指的可不是山村里生产的手机或车,而是一些小厂商模仿某种品牌所制造的手机和车。因此现在的“山寨”意为盗版的,不正规的,可以用来指代一切模仿、复制、抄袭的假冒产品

关于“山寨”这一意义的由来,说法有二。一说来源于香港,在粤语中,“山寨”一词有不正规、不正统的意思。因此香港小规模经营的工厂或家庭小作坊被称为“山寨厂”,其出产的产品也被港人嘲讽为“山寨货”。另一说来源于深圳,20世纪90年代,深圳以地利之便,开始走私手机,进而发展到模仿制造。一开始,生产厂家不敢在手机上署地名,只能印上“深圳”的拼音首字母“SZ”,久而久之便被喊成了同样以“SZ”作拼音首字母的“山寨”。

不管它是从香港还是深圳兴起,今天,“山寨”现象已经在风靡全国的势头下走出国门,走向世界。在美国Engadget网站的话语中,“山寨”已经被改为更为专业的词语——KIRF(keeping it real fake)。

“山寨”现象发端于电子产品领域,这是在改革开放大背景下由民间IT力量发展起来的产业,主要特点为仿造性、快速化、平民化。许多民营科技企业从小作坊起步时,都有模仿成名品牌的痕迹。虽然“山寨产品”材质和做工稍逊,但其功能繁多、外观新潮、价格低廉,受到中低端消费者的青睐。一台最新的iPhone手机售价6000RMB左右,而一台高仿iPhone手机售价仅约1000RMB;一般“山寨手机”价格就在500RMB左右。慢慢地,“山寨产品”扩散到其它领域。

以电影为例,在中国具有“山寨电影”雏形并引起较大反响的是短片《一个馒头引发的血案》。2005年电影《无极》播出后,自由职业者胡戈在网上创作了《一个馒头引发的血案》并迅速蹿红,其下载观看量远超《无极》。现在,一些上映的电影本身就是“山寨版”,如“山寨”《笔仙》系列的《笔仙惊魂》系列,“山寨”《环太平洋》的《环大西洋》等。像《西游记》那样的经典,早已被“山寨”无数次了。

物质层面“山寨产品”的流行,逐渐带起了精神层面“山寨文化”的兴起。这是现代社会的一种新兴现象,是依靠抄袭、模仿、恶搞等手段发展壮大起来的,反权威、反主流且带有狂欢性、解构性等后现代表征的大众文化现象。“山寨文化”的产生,表面上是“山寨产品”催生的结果,实际上与互联网的快速发展密不可分。

互联网的普及让每个人都有机会参与创作,所谓“高手在民间”,民间力量在模仿、抄袭某一事物的同时也开始对其进行解构甚至恶搞,以此挑战权威,反抗垄断,表达自身观点。这种“山寨行为”实际上具有一定的创新内涵,有时甚至能推动创新。而这样的“山寨文化”之所以会火,是因为它反映了当前大众的某些心理诉求。

从贬义的模仿、复制和抄袭,到中性的恶搞、解构和创新,“山寨”这个词在感情色彩上发生了变化。我们过去以“山寨”起步,如今在“山寨”中创新,未来无论路在何方,希望“山寨”永远不是最终目标。

山寨

Chinese-Japanese No.5 2015 汪瑩2016-07-08

「山寨」は文字通りの意味なら「山の中の村落」で、深山幽谷にある村を想像するかもしれない。その通りだ。それが「山寨」のもともとの意味だ。しかし、現在最もよく使われている意味は、本来のものとは大きく異なっている。

「山寨携帯」「山寨車」……この言葉をニュースで見たり、ほかの人から聞いたりする機会が多いことだろう。それが意味するところは山村で生産された携帯電話や車ではなく、小さなメーカーがあるブランドを模倣して製造した携帯電話や車のことだ。現在では「山寨」は海賊版、不正規の意味で、本物を模倣、コピー、盗作した製品を指す。

「山寨」という言葉の由来には2つの説がある。1つは香港が起源で、広東語の「山寨」に不正規、正統でないという意味があるというものだ。そのため、香港の小規模経営の工場や家庭の小さな仕事場は「山寨場」と呼ばれ、そこで生産された製品は香港人に「山寨品」とあざけられている。もう1つの説は深圳が起源だとするもので、20世紀の1990年代に深圳が地の利を生かして携帯電話の密輸を始め、それが模倣品の製造に発展したというものだ。その説によると、生産工場では携帯電話に地名を表記せず、「深圳」のピンインの頭文字である「SZ」と記した。長い時間が経過するうちに、同じ「SZ」のピンインの頭文字を持つ「山寨」と呼ばれるようになったということだ。

起源が香港であるか深圳であるかにかかわらず、現在では「山寨」はすでに一世を風靡し中国国内の全土へ広まって、国外へも流出している。アメリカのエンガジェットのウェブサイトでは、「山寨」はさらに専門的な用語である「KIRFkeeping it real fake)」に改められている。

「山寨」現象は電子製品の領域に端を発した。電子製品は中国の改革開放政策を背景にして、民間のITの力が発展させた産業だ。その主な特徴は模造性、スピード化、庶民化だった。多くの民営の科学技術企業には、小さな製作所で業務を始めたときに有名ブランドを模倣した痕跡がある。「山寨製品」は材質や仕立てこそ十分ではないが、多くの機能を備え、デザインは斬新で、値段は安く、中低クラスの消費者に好評だ。最新のipone1RMB6000元前後で販売されているが、模造品のiphoneの価格はわずかRMB1000元程度で、一般の「山寨」携帯電話の価格はRMB500元前後だ。そして、「山寨製品」はゆっくりとほかの領域にも拡散していった。

映画を例に取ると、中国には「山寨」映画の原形とされ大きな反響を呼んだショートフィルム『一個饅頭引発的血案』がある。2005年の映画『無極』の公開後、フリーターの胡戈はインターネット上で『一個饅頭引発的血案』を創作した。それはすぐに人気となって、ダウンロードして見た人の数は『無極』をはるかに上回った。現在では上映されている映画の一部は「山寨版」であることもある。例えば『筆仙』シリーズの「山寨」である『筆仙惊魂』シリーズ、『環太平洋』の「山寨」である『環大西洋』などだ。『西遊記』のような古典でも、早くから「山寨」が数え切れないほど行われてきた。

物質面での「山寨製品」の流行は、徐々に精神面での「山寨文化」の出現を促した。これは現代社会の1つの新しい現象で、ぱくりや模倣、パロディーなどの手法によって大きく発展し、反権威、反主流で狂喜性や脱構築性を持ち、現代を代表する大衆文化の現象となった。「山寨文化」の出現は、表面的には「山寨製品」が生み出した結果だが、実際にはインターネットの急速な発展と不可分な関係にある。

インターネットの普及によって、誰でも創作の機会が持てるようになった。いわゆる「名手は民間に在り」で、民間の力のある人が1つの事物を模倣したりぱくったりし、同時にそれに対する脱構築やパロディーを実行している。それをもって権威に挑戦し、独占市場に反抗して自身の考えを表現する。こういった「山寨行為」は実際には新しいものの創造を内包し、時には創造を推進することさえある。このような「山寨文化」の隆盛は、大衆の心理的欲求を反映したものだといえる。

「山寨」が模倣、コピー、ぱくりといった悪い意味から、パロディーや脱構築、革新といった中性的な意味に変化する中で、この言葉に対するイメージも変化している。「山寨」の始動の時期は過ぎ去り、現在は「山寨」革新時期だ。その未来がどこに向かおうとも、「山寨」が永遠に最終目標とならないことを願いたい。

Score:

Favorite

本网发布的所有文章、图片,如涉及侵权,该侵权行为导致的一切法律不利后果由文章、图片提供者(作者)本人承担,与国家汉办《孔子学院》院刊编辑部、网络孔子学院无关。

Share:

Similar Articles: more

“潜水”と“灌水”

流行語:前方高能、元芳,你怎么看、不明覚厉

INFLUENCIA DEL BUDISMO EN EL IDIOMA CHINO

Os engenhosos caminhos da simplificação